コーヌス義歯

歯を取り戻す!最も天然の歯に近い入れ歯、コーヌスとは?

最も天然の歯に近い入れ歯、コーヌス

「自分の歯で食べることができた、あの頃の感覚を取り戻したい」 「インプラントは手術が怖いし、期間もかかるから大変」
歯を失ってしまった方はみなさん、できるだけ快適で、自分の歯があった頃のように食事をしたい、見た目も自然にしたいという希望をお持ちだと思います。
現在、失った歯を補う治療法としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯といった選択肢があります。
どれも一長一短がある治療法ですので、どの治療法を選択したらよいのか、とても迷ってしまいますよね。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントとは、チタンという金属を手術により埋め込み、被せ物をする治療法です。インプラントを入れると、まるでご自身の歯と同じように咬めるようになるという、非常に素晴らしい治療です。

しかし反面、インプラントの場合、手術をしなくてはならず、身体的に負担があったり、治療期間に最低半年以上かかってしまうことで、避けられる方も多いようです。また、複数の歯をインプラントで補う場合には、手術の回数も増え、かなりの長期間に渡る治療が必要となってしまいます。

また、多くの歯科医師が手がけるようになったことから、経験不足の歯科医師が治療を行うケースが増えています。成功率は以前に比べ、かなり高く安全度は高いですが、少なからず不安に感じている方が多いのが現状です。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。 その治療法が、橋を架けるのに似ているので『ブリッジ』と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている一般的な治療法です。 メリットとしては、見た目が自然で、かつインプラントなどよりも安価で治療が可能です。

主なデメリットとしては、土台となる両隣の健康な歯を大きく削らなくてはいけないということです。また、土台の歯には負荷がかかるので、弱くなってしまったり、最悪抜けてしまうこともあります。 そうなると、また他の歯を削って、土台を作らなくてはいけなくなります。さらに、何本もの歯を支台とするのですが、そのうちの1本でも支台の歯が抜けてしまった場合には、かぶせ物を最初から作り直さなくてはいけないため、症例によっては数十万円の費用が再度かかることになってしまうのです。

入れ歯なのに、まるで自分の歯のように咬める?コーヌス義歯とは

入れ歯なのに、まるで自分の歯のように咬める?コーヌス義歯とは

上記のように、インプラントやブリッジには、それぞれ長所と短所があります。そこで、上記のような長所・短所を踏まえ、「より良い噛み心地や見た目を実現したい!」という方に当院がおすすめしているのが「コーヌス義歯」という入れ歯治療です。

コーヌス義歯とは、失った歯の部分の近くにある、まだ残っている歯の外側を削り、金属を被せ、その歯を使って入れ歯を固定するという治療法です。

このコーヌス治療は、現在のところ最高の噛み心地を実現する義歯と言われています。

違和感がなく、快適な咬み心地を実現

通常、入れ歯やブリッジでは、食事の時には、自分の歯と比べて非常に違和感がありますが、コーヌス義歯の場合、上から被せて固定するため、食事もまるで自分の歯のように違和感が少なく、硬いものでも平気で噛むことができるのです。

簡単に修復ができる

また、ブリッジと比べると、仮に支台にしている歯が抜けてしまった場合でも、コーヌスの場合には、最初から作り直すのではなく、簡単に修復できるということがあります。

また、コーヌスの場合には清掃がしやすいということもメリットとして挙げられます。より、お口を清潔に保ち、残っている歯を守りやすいということです。

インプラントとの比較

天然の歯に近い噛み心地を実現できることで近年注目を浴びているのが、インプラントですが、前述の通り、手術が必要になることや治療期間として半年以上の期間が必要なことから、避ける方が多いようです。

その点、コーヌスは身体的な負担も少なく、インプラントに比べて短い期間で容易に作成ができるため、大変注目されている入れ歯なのです。

見た目も良く、入れていることが分からない

入れ歯なのに、まるで自分の歯のように咬める?コーヌス義歯とは

ですので、見た目では入れ歯と分からず、非常に審美性が良いのが特徴です。
この点でも、自分の歯に近いの咬み心地が実現でき、インプラント以上に負担も少ないのがコーヌスの特徴と言えるでしょう。

コーヌス義歯のデメリット

これだけメリットの大きいコーヌス義歯ですが、デメリットも存在します。

支えになる歯を削る必要がある

1つは、ブリッジと同じように、支台となる歯を削らなくてはいけないということです。しかし、ブリッジと比べると、支台となる歯への負荷は比べものにならないくらい軽くなっています。

高度な治療技術が必要

コーヌスの治療は、歯科医療の中でも非常に高度な技術と、豊富な経験が必要なため、全国でも手がけている歯科医師が少なく、インプラントほど普及していないのが現状です。

多くの方に、この治療法の素晴らしさを感じて欲しいと願っているのですが、残念ながら、全国どこでも希望すればできるという治療法ではないのです。

当院では、長年入れ歯の研究と豊富な症例を重ねている歯科医師が治療を行っております。既に入れ歯だけで2500人以上の症例があり、コーヌス義歯の治療も多数行っております。

他の義歯と比べると、やや高額である

また、他の種類の入れ歯と比べて、やや高額であるという点もデメリットかもしれません。

しかし、実際に治療された多くの患者様に大変お喜びいただいており、「自分の歯を取り戻したい!」「安心・安全の治療で治したい」というご希望の患者様には、自信を持っておすすめしている治療法です。

インプラントとコーヌス義歯の費用の比較

以上のように、自分の歯を取り戻したいという希望に沿う治療法は、『インプラント』と『コーヌス義歯』があり、どちらの治療を行うか迷う方が多いと思います。

そこで、気になるインプラントとコーヌス差歯費用について比較してみます。 費用の算出方法が異なるので、一概に比較は難しいのですが、簡単に比較してみます。

失った本数インプラント
※1本当たり30~50万円
コーヌス
※本体:20~30万円
1本30~50万円35~45万円
2本60~100万円60~70万円
3本90~150万円65~75万円
4本120~200万円80~100万
5本~150万円~100万~
全顎200万円~ 約150万

上記の通り、インプラントの場合、1本あたり約30~50万円が相場です。つまり、失ってしまった歯が4本の場合、最低で約120万円程度の費用かかります。

コーヌス義歯では、入れ歯本体の費用が約20~30万円、入れ歯を被せるために自分の歯に金属を被せる費用が、1本あたり約10~16万円程度です。4本歯を失った場合には、最低で約60万円の費用となります。

ただ、失った歯が1本の場合には、インプラントの方が費用が安くなる場合があります。手術を受けるのが問題がないなどの場合には、インプラントを選択するとうのも良い選択肢でしょう。

治療をされる歯科医院や本数によって、費用はことなりますので、しっかりと確認をして治療を選択しましょう。

歯に数十万円の費用をかけるのは高い?

「インプラントもコーヌス義歯も高い!!」
「歯にそんなにお金をかけられない!」

そうおっしゃる患者様もいらっしゃいます。確かに、数十万円の費用がかかる治療法ですので、額面としては高く感じるかもしれません。もちろん、歯に対する価値観というのは人それぞれです。

しかし、皆さんに分かっていただきたいことがあります。それは、『歯は人生の豊かさの実現につながる』ということです。

私たちの1本1本の歯が重要な役割を果たしています。食べることが出来れば、喋ることが出来れば大丈夫だ!とは次元の話ではありません。

歯は見えないし、動かないから1本1本の役割が軽視されがちですが、私たちの体全体と健康には非常に重要な役割を担っています。歯を1本失って、咬み合わせが悪くなると、身体が歪み、全身に不具合がでることもあるのです。

そして何よりも、楽しく、健康的な食事をすることができなくなってしまします。

医食同源と言いますが、食は健康に直結します。しっかり咬みきれないと、消化がうまく出来ずに、胃腸に負担がかかるといったこともあります。

また、しっかりと咬める歯がないと、どうしても食べることができる物にも制限ができてしまいます。そのため、お友達との食事も楽しめない、食事が美味しくなくなってしまう、そして、それが大きなストレスになるといった声も非常に多く聞かれます。

そんな健康の実現にも、人生の楽しみにも妨げがある生活を送ることが、果たして充実した豊かな人生と呼べるでしょうか?

また、ご年配の方だと「どうせ先が短いから別に歯なんてどうでもいいよ!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

そんな方にも、私は「元気に長生きして、最高の人生を送りましょう!」と伝えています。

私としては、車やブランドバッグよりも、より人生の質を向上してくれる歯の価値の方が高いと思っています。限りある人生だからこそ、より多くの方に、質の高い生活を送っていただきたいと思っているのです。

是非、ご自身の人生の上で大切なものは何かを考えた上で、治療を選択して下さい。

コーヌス義歯のメリット・デメリットまとめ

コーヌス義歯のメリット

  • 自分の歯のように違和感が少なく、硬いものでも平気で噛むことができる
  • 義歯の中で、最高の噛み心地である
  • 手術を必要とせず、身体的な負担も少ない、
  • 比較的短い期間で製作ができる
  • バネがなく白い歯がかぶさるので、見た目では入れ歯と分からなく審美性が良い
  • 失った歯が2本以上であれば、インプラントよりも安価
  • 支台となる歯を削る必要があるが、ブリッジよりもはるかに負担が少なく、歯を守れる

コーヌス義歯のデメリットは?

  • 支台の歯を削る必要がある
  • 全国でも、治療が可能な医院が限られている
  • 他の義歯よりも、やや高価である

コーヌス義歯の症例

  • コーヌス義歯の症例
  • コーヌス義歯の症例

院長からのコメント

M様は、長年お口の事で悩んでおられ、見た目の悪さや、食事が美味しく食べられないなどの問題があり、当院に来られました。

ご相談した結果、お口全体を治療することで了解を得られましたので、コーヌス義歯で上の歯を治療いたしました。

治療後は、見た目も咬み心地も見た目も良くなり、M様には大変感謝していただきました。

ご予約・ご相談はお気軽にお問い合わせください
ページトップへ