金属床義歯

金属床義歯

無痛義歯

入れ歯を入れた場合、『話しにくい、違和感がある、食事がおいしくないなどの悩み』を良く聞かれます。
これは、入れ歯の全体をプラスチックで作っていると、どうしても避けられない問題です。
金属床義歯の場合、入れ歯の基礎の部分を金属で作ることで、より薄く、丈夫に、違和感も少なく、また食べ物の温度(温かさ、冷たさ)などを感じながら、味わって食べることが出来ます。
そのため、上記に上げたような悩みを解決できる義歯なのです。

チタン床義歯

チタン床義歯の長所

  • 重量が軽く、顎になじむので、快適に使用できる。
  • 金属床の中で、最も薄いので違和感が少ない。
  • チタン床の場合、人工関節にも使われている素材で体への親和性が高い。
  • 口の中が広く感じるので、舌が動かしやすい(美味しく食べることができる)
  • 温度を感じることができる(美味しく食べることができる)
  • プラスチック義歯に比べ、汚れがつきにくいので清潔に保ちやすい。

チタン床義歯のデメリット

  • 金属床の中でも高価である
  • 口を開いたときに、バネが見えてしまう

コバルトクロム義歯

コバルトクロム義歯の長所

  • 金属床の中では比較的費用の負担が少ない
  • バネが小さく目立ちにくい
  • 口の中が広く感じるので、舌が動かしやすい(美味しく食べることができる)
  • 温度を感じることができる(美味しく食べることができる)

コバルトクロム義歯のデメリット

  • 少々、バネが見えてしまう
  • 義歯が少し動く
  • チタン床義歯に比べてやや重い

ゴールド床義歯

ゴールド床義歯 の長所

  • 見た目が豪華
  • 身体への親和性が高い

ゴールド床義歯 のデメリット

  • 金属床の中で、最も高価で金額が高い
  • 他の金属床に比べて、重量が重い
  • 金額の割にメリットが少なく、あまりおすすめ出来ない

大阪入れ歯研究所の金属床義歯費用  保証:5年

  総入れ歯 部分入れ歯
チタン床義歯 ¥400,000 ¥380,000
コバルトクロム床義歯 ¥300,000 ¥280,000
ゴールド床義歯 ¥520,000 ¥467,500

※部分入れ歯は本数によって金額が変わります。上記は残存歯4本のケースです。
※保証について詳しくはこちら

大阪入れ歯研究所での金属床義歯症例

N様の症例

院長からのコメント

N様は、奥歯を中心に歯が無くなっており、咬み合わせが不安定な状態でした。残っている前歯にも負担がかかってきて、満足に咬めない状態になっていました。

このため、金属床で上下の歯を支えながら、しっかりとした入れ歯で力を負担するようにしました。

その結果、下がってしまっていた咬み合わせを元に戻し、安定して咬むことが出来るようになりました。

それまでは、毎年のように保険の入れ歯で作り直しされていましたが、金属床にしてからは8年経過しましたが、今も調子良く使っていただいており、喜ばれております。

ご予約・ご相談はお気軽にお問い合わせください
ページトップへ