プラスチック義歯

プラスチック義歯(保険)

プラスチック義歯

保険適用で作製できる、唯一の入れ歯です。素材はプラスチックを使用し、留め金は銀の金属を使用します。

プラスチック義歯の長所

  • 保険適用が可能なので、費用が安価

プラスチック義歯のデメリット

  • プラスチックが硬いため、調整しても痛みが出やすい
  • 分厚くなるので、話しにくい、食事が美味しくないなどの違和感が強い
  • 汚れが付きやすいので、不衛生になりやすい
  • 破折、破損しやすい
  • 着色しやすい、バネが目立つなど、見た目が良くない。

大阪入れ歯研究所のプラスチック義歯料金

保険適用

プラスチック義歯症例

M様の症例

院長からのコメント

M様は、上の前歯が2本無くなってしまい、見た目が気になって来院されました。

相談した結果、余り治療に通えないが、とりあえず歯は入れたいとの希望でした。

このため、保険のプラスチック入れ歯を入れました。

見た目に金属の留め金が見える、食事の時に外れやすいなどの欠点はありますが、費用の負担が少なく、前歯が入ったのでM様は満足されました。

ご予約・ご相談はお気軽にお問い合わせください
ページトップへ